愛知のリフォーム、岐阜・三重の「住む」「暮らす」住宅建築情報総合サイト


資料請求リスト 0 件です
INFILL BOX 可児支店

地図を見る 岐阜県可児市土田5226番1
0574-24-3655



変化に対応できるワンフロワーからカスタムする自由設計の家
昔、家は3回建て直して初めて納得がいくと、よく言われてきました。それは人生においてライフスタイルが3回変化する事を意味します。

20代&30代の若い世帯は、お子様の人数や成長に合わせてどんどんライフスタイルの変化が考えられる為”可能性を秘めた家造り”をする事が、家族が幸せに暮らす上で大切な事です。家族の成長に合わせて、家も成長する為の1つのヒントとして、ワンフロアーをベースに今の生活に必要なものをカスタムして行く居室のあり方をご紹介致します。 壁ではなく、柱&梁で建物を支え建物そのものが大黒柱の役割を果たす 耐震構法 SE構法 を使用。構造計算による安全も保証されています。

※在来軸組工法でのプランも可能です。 プラン内容により、ワンフロアーの空間に柱が入る場合があります。


1階の間取りの変化

“趣味を優先したい間取り” にも“リビングを優先した間取り” にも自由に変更!

1階をガレージとして “趣味を優先したい間取り” だとしても、シャッター部分を窓へ、収納棚やブラインドでの目隠しを取り入れる事で玄関やリビングを設ける “リビングを優先した間取り” への変更も可能。また、未来の可能性も考えて、ガレージ小屋や居室の増築も可能です。


2階の間取りの変化

部屋の数や区切り方が自由自在!

耐震構法 SE構法 で造ったインフィル・ボックスのワンフロアー空間なら、2部屋にも、3部屋にも、分ける事が出来て、またワンフロアーに戻す事も出来るのです。はじめから壁で部屋を分けてしまうと、使い勝手に制限が出てきてしまい、使わない空間となるのはもったいないと思いませんか?
スタッフからのひとこと STAFF
大学を卒業後、設計事務所、工務店、職人と勉強をしてきました。 弊社と出会い、建築のプロセス、デザインの在り方、人間力に共感し転職。今では、弊社の付加価値を生かした建築士として設計、監理、営業、デザイナーとして業務に携っております。「Life with your smile」と言う弊社理念から解釈できる、人が人を変えるそんなデザインの可能性を示して行きます。
INFILL BOX 可児支店 岩野 直人(INFILL BOX 可児支店 店長)

会社情報 会社情報 地図 地図
社名 INFILL BOX 可児支店
本社所在地 岐阜県可児市土田5226番1
施工対応エリア
岐阜
西濃
中濃
東濃
飛騨
こだわりポイント
収納・間取り重視
地震に強く
店舗併設
こだわり(詳細) [ガレージハウス]

今は、ガレージの使い勝手を優先したい。だけど将来、子供ができると住宅としてのクオリティーも必要になる。INFILL BOXならワンフロアーの構造躯体だから、今はガレージ優先の間取りにしておいて、後から必要に応じて間取りを自由に変えられるので、「今はいいけど、将来これで大丈夫?」という心配はありません。 家も愛車のように必要に応じてカスタムしていくというコンセプト。

[ワンフロアー住宅]

今は予算も厳しいし、子供も将来何人できるかわからない、使い勝手も本当にこれで失敗しないか将来のことはわからないから間取りに悩んでしまう。INFILL BOXならワンフロアーの構造躯体だから、今は大きな部屋で家族一緒に生活し、家族の成長に合わせて間取りを自由に変えられるので、「今はこれで完璧な間取りだと思ったのに…」という失敗はありません。ライフスタイルの変化に対応できる仕組があれば、長く使い勝手の良い住まいが可能というコンセプト。

[店舗・事務所・倉庫・作業場・ガレージ車庫]

大きな空間を造るには、鉄骨やコンクリート造でなければできないからコストも木造より大幅に高くなってしまう。INFILL BOXならSE構法の構造躯体だから、木造で大スパン、大開口を可能としており、単独梁なら最大12m、トラス梁なら最大15mスパンまで空間を飛ばすことが可能です。また木造なので、コストも鉄骨やコンクリート造より低コストで造ることが可能です。木造なのにラーメン構造で構造計算しているので、鉄骨並の設計が可能です。

[賃貸ガレージハウス]

賃貸顧客ニーズは常に変化しています。今は的をついた賃貸設計になっているが、原価償却完了まで顧客需要は大丈夫だろうか懸念してしまう。 INFILL BOXならSE構法の構造躯体だから、家賃借上げ制度の認定を取得しており将来の家賃補償を受けることが可能です。 家賃補償があるなら、賃貸ガレージハウスのような付加価値のある家賃経営にもチャレンジしやすいし、ワンフロアーの構造躯体だから、顧客ニーズの変化に合わせて間取りの変化にも対応可能です。
電話 0574-24-3655
FAX 0574-24-3666
オフィシャルサイト http://www.infill-box.jp/
SNS Facebook
E-mail info@infill-box.jp
社名 INFILL BOX 可児支店
本社所在地 岐阜県可児市土田5226番1

▲PAGE TOP